白血病を克服した娘が舌がん(Tongue cancer)に!!

ファンコニ貧血 白血病 舌がん

口内炎が治らない!

13歳で急性骨髄性白血病になり、臍帯血移植を経て寛解し

現在は21歳で社会人として頑張っている次女に

また試練が降りかかって来ました。

元々、移植の拒絶反応から舌の一部が白くなっていたのですが

痛みがひかないため、定期健診時に長年担当して頂いている先生に

状態を見せたところ「すぐに調べたほうがいい」と

となりの赤十字病院へ紹介状を書いてもらい検査になりました。

堀ちえみさんの舌がん公表

先日の、池江璃花子さんの件でも他人ごとでは無かった出来事でしたが

堀ちえみさんの舌がん公表も衝撃的すぎて言いようがありませんでした。

娘も似たような感じだけど「大丈夫!がんではないよ!」

祈るしかできませんでした。

結果説明の当日は両親も来るように

この事を娘から言われて、またも重たい物がのしかかる様な感覚に陥り

「わかった。その日は病院行くようにするね。」と言うのがやっとでした。

そして当日

「残念ながら舌がんでステージ2です。」と告知されました。

「今、世間では芸能人の方の公表でご存知だと思いますが

それより初期の段階です。」

「他への転移が無ければ、切除の手術で済みますが

念のためにPET検査をします。」

「入院を決断してください。」その他色々と説明を受けましたが

私は、「緊急入院も覚悟で今日支度して来ました。」と伝えました。

実は、PET検査の結果が本日でその日にこのブログを書いています。

そして明日が入院、明後日が手術となり順調に行けば

一週間程の入院となる予定です。

入院までの事前準備

これに辺り娘には会社を休職するように

また、関連する保険や医療費に関わる事等

事前にやれる事を進めようと家族でも動き出しました。

優先順位としては、勤め先への休職届が一番になるため

告知を受けたその場で、ドクターに会社へ休職届申請の為の診断書作成をお願いしました。

実際、勤め先からの申請書類が一番記入書類が多くて

本人自身が混乱してしまう程の量で、家族が協力しないと

一人では大変な作業になります。

休職期間は収入が無くなるため、ありとあらゆる手を使って

経済的不安を少しでも軽減できるよう

また、退院後も検診が必要になるためその事へも対応できるよう

疾病手当金申請・健康保険限度額適用認定申請・生命保険株式会社へ

一時金支給の申請などやるべき事が沢山あります!!

とにかく、大事に至らない事祈って

これから病院へ行ってきます!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました